注文時の秘訣|オリジナルTシャツのプリント【ラスティーズ】

オリジナルウェア専門店 ラスティーズ

TEL:058-216-0715 営業時間:平日 月~金 9:00~17:00 定休日/土日祝

ご注文方法
1

アイテムを選び
無料お見積り

2

デザイン入稿

3

イメージ図付き
最終確認メール

4

商品のお届け

注文時の秘訣

「サークルメンバーでお揃いのユニフォームを」「イベント用に大量に必要」年間通してオリジナル制作のご要望が多いのがTシャツです!近年ではクールビズの導入にご利用いただく方も増えています。

さて、いざ注文しようと思っても何からはじめていいのかわからない…。
そんな方のために制作の順序、注文時の秘訣をまとめてみました。

まずは生地選びから

何を重視するのか、によって選択は変わってきます。
値段、クオリティ、デザインなど、一長一短ですので、自分の中で一番大事にしたいことを決めてから商品を選ぶのがいいでしょう。

価格 耐久性 速乾性 カラー
展開
サイズ
展開
品番 085-CVT品番 085-CVT
人気NO.1商品!迷ったらこれ。絶対定番!
プリントで無料見積もり
600円~

全58カラー 100~XXXL
品番 083-BBT品番 083-BBT
人気NO.2商品!イベントノベルティーに。
プリントで無料見積もり
420円~

全38カラー 150~XXL
品番 5001品番 5001
人気NO.3商品!飲食店、居酒屋におすすめ。
プリントで無料見積もり
600円~

全51カラー 90~XXXL
品番 5942品番 5942
首リブがしっかり。イベント等の物販に!
プリントで無料見積もり
850円~ タフな首リブ
全31カラー XS~XXXL
品番 300-ACT品番 300-ACT
吸汗性、速乾性!様々なアクティブシーンに。
プリントで無料見積もり
620円~
吸汗性と速乾性に優れたドライ素材 全41カラー 100~5L
品番 5088品番 5088
シルキータッチで仕事着、作業服におすすめ。
プリントで無料見積もり
800円~
シルクのような肌触り 全15カラー 130~XXL
品番 5900品番 5900
こしのあるドライで部活動、サークル活動に!
プリントで無料見積もり
650円~
こしのあるドライ素材 全30カラー 120~XXXXL
品番 118-HMT品番 118-HMT
ハニカムメッシュで、吹奏楽や野球の応援に!
プリントで無料見積もり
700円~
ポロシャツの様な生地感 全12カラー S~XXL

ピックアップ商品

取扱商品は各サイトだいたい同じです。「あのサイトには載ってたけど…」という商品も問い合わせてみると「サイトに載っていないだけで取り寄せ可能」ということもあるようです。

そして、一番のポイントは 安さ=生地の薄さ≠質の悪さですね。
安い・薄いからといって質が悪いわけではないのでじっくり考えてみましょう。

迷ったら思い切って電話してみるのもいいかもしれませんね。

サイズ選び、不安ですよね

届いてみたら「思ってたより大きい」「こんなイメージじゃなかった」なんてこともあり得ます。どこに注意したらいいのでしょうか?

何よりも一番大事なのはお手持ちのTシャツとの比べていただくということ!

お手持ちのお気に入りTシャツを採寸していただき、商品カタログやホームページに記載されている詳細な寸法と比較していただくと、本当に欲しいサイズが見つかります。

「普段着てるものがメンズMだし、制作に使うものもMでいいや。」

ちょっと待ってください!
ブランドやメーカーによって異なったサイズが存在します。
「A」のお店で買ったTシャツはMなのに、「B」のブランドではLがぴったりという経験はありませんか?

自分にあったサイズを理解していただくためにも、お手持ちのTシャツをぜひ採寸してみてください!

寸法の測り方

デザインってどうやって作ればいいの?

「デザイン」なんて言われても美術の成績2だったんだけどなあ…。
なーんて言ってないで、とにかくアウトプットすればいいのです!

商標登録のあるものや、有名ブランドやバンドのロゴ、キャラクターを使うのは控えましょう。せっかくなら完全なオリジナルデザインで作った方が達成感がありますよ。

さあ、思いつくままにまずは描いてみましょう!
下手でもいいんです。そのために「デザイナー」という職業があるのですから。

手書き原稿の場合

手書き原稿

会社によっては専用の「手書きデザインシート」などを用意しているところもありますが、基本的には真っ白な紙であれば何でもOK。
罫線の入ったもの、裏紙などはデータ化する際のスキャン作業に支障が出ますので止めましょう。描き直しなんてこともありますよ!

描き直しが必要な場合、制作とは別にデータ加工料金が発生することがあるようです。

データ入稿の場合

Adobe Illustrator(イラストレーター)

Adobe Illustrator(イラストレーター)

全世界共通、お絵描きソフトの大定番。
このフォーマットのデータであればほぼ自分の思い描いたとおりに仕上がってくると思っていいでしょう。プロ仕様の仕上がりをご希望ならこのフォーマット。

Adobe Photoshop(フォトショップ)

Adobe Photoshop(フォトショップ)

こちらはレタッチソフトの大定番。
画像解像度(画像の奇麗さ)によっては仕上がりが悪くなることもありますが、各社指定の数値をクリアしている画像ならイラストレーターに負けない仕上がりになることでしょう。

写真データ

写真データ(デジカメ、携帯電話で撮影した写真など)

写真をそのままプリントするのであれば断然デジカメ写真!最近は携帯でも高画質なものはプリントに耐えうる画質のものも多いですね。

Microsoft Office系(Word、Excel、PowerPoint)

Microsoft Office系(Word、Excel、PowerPoint)

事務ソフトの大定番のMicrosoft Officeですが、残念ながらTシャツプリントには向いていないようです。
文字情報を保持できないため、入稿した時点で文字化け/レイアウト崩れが発生するため、出力見本が必要になります。会社によっては手書き原稿と同じ扱いになるところも!?

プリント方法もいろいろ

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリント

版(プリント用の型)にインクを乗せ、生地に刷り込みます。
市販されているプリントTシャツのほとんどがこの方法で加工されています。

オススメ!
・市販品のような仕上がりを希望される方
・大量生産で1枚あたりのコストを抑えたい方

インクジェットプリント

インクジェットプリント

専用のインクジェットプリンターで生地に直接インクを吹き付けます。
近年は機械の性能も上がり、まるでシルクスクリーンでプリントしたかのような質感でフルカラー画像を出力できるものもあります。

オススメ!
・小ロットで色数の多いデザインをプリントしたい方
・写真をプリントしたい方

転写プリント

転写プリント

専用シートに出力した画像を、業務用のプレス機で熱圧着します。アイロンプリントと似て非なるものです。
インクジェットプリントよりも奇麗な出力が可能です。

オススメ!
・写真をプリントしたい方

で、結局のところ?

ほとんどの皆さんが疑問に思うところをズバリ書いてみます。

  • 販売用なら?

    いわゆる「ヘビーウエイト」Tシャツ何回洗ってもへこたれないのがヘビーウエイトです。無地で600円台中盤~。これにしておけばほぼ間違いなし。さらに上のグレードももちろんいいんですが、生地が硬くなる傾向があります。

  • 値段重視なら?

    「ライトウエイト」Tシャツ。300円台後半。安いからって1回洗ってダメになるものでもありません。3PパックTシャツと比較いただく方もいらっしゃいますが、断然レベル上です。上級者は"あえて"このグレードを選ぶ方も。セレクトショップで売られている生地の薄さ、がこれに近いという声もあります。

  • 市販品のようにするなら?

    市販品の仕上がりイメージならシルクスクリーンプリント。枚数がまとまれば版代の1枚あたりの負担も軽いもの。色数が増えると単価も上がります。

  • フルカラーにするなら?

    フルカラーのデザインは要相談。枚数、予算、仕上がりイメージによって加工方法が変わることがほとんどです。同じ色でも濃淡がついているものは特に注意が必要です。思い切ってイメージ画像を送って担当者に見てもらいましょう。

  • 在庫状況は?

    夏場は「ポロシャツ」「ドライTシャツ」のメーカー在庫が薄くなります。早めのご注文がオススメです。